家ローン払えず競売の手紙が届いたが、この危機を回避する方法

督促・取立て即ブロック 住宅ローンの借金を大幅減額

ブログ

2020.12.21競売

家ローン払えず競売の手紙が届いたが、この危機を回避する方法

通常、銀行住宅ローンの滞納から3~6ヶ月後、

債権者(保証会社や債権回収会社等)が今後も返済の意思がないと判断した場合、

裁判所に申し立てをして、不動産の売却処分手続きを進めますよという内容の通知です。

ご自身の意思は全く考慮されず進められ、強制的に処分され、売却代金は金額返済に充てられます。

あなたの手元にお金は一切も残りません。
当然、家を手放すことになりますので、即座に引越し先を探さなければなりません。

また、不動産競売は通常価格よりも6割前後の値段でしか売却できない為、あなたの残債務(残る借金)が多くなります。
引越し後、住んでもいない家の為に借金を払い続けなければならず、経済的にも精神的にも負担は大きくなります。
競売を回避するには、全額一括弁済するか、任意売却しか方法はありません。

競売開始決定が届いて間もない早い段階であれば、まだ競売入札まで四ヶ月ほど時間はあります。

即座に住宅ローン滞納問題を解消したいのであれば、私たち愛知の任意売却専門ローン救済911にご相談ください。

あなたからのご相談をお待ちしております。