住宅ローンの支払い苦しいが、高値で売却する意味はあるか?

督促・取立て即ブロック 住宅ローンの借金を大幅減額

ブログ

2021.1.11住宅ローン

住宅ローンの支払い苦しいが、高値で売却する意味はあるか?

なんらかの事情で住宅ローンの支払いが苦しくなり、ご自宅の売却を検討しなければならなくなったとき、

まずは、ご自宅がどれくらいの価格で売却できるのかな?と思われるのではないでしょうか。

今は、数社へ一括で不動産の査定依頼ができるサイトが多数あり、比較的簡単にご自宅の査定価格がわかる環境にあります。
そういったサイトに加盟している会社は、たいてい大手の不動産会社ですから、安心して利用できると思います。

さて、査定価格というのは、どれだけ信頼性があると思われますか?

不動産会社の目的は、「不動産を売却して仲介手数料を得る」ことです。
売却の依頼がもらえなければ話になりません。

競って、高値の査定価格を提示することがあっても不思議ではありません。
すべての不動産会社がそうとは言い切れませんが、もし、あなたが売却を依頼しようと思ったとき、

一番高値の査定価格を提示してくれた不動産会社へ依頼したいと思いませんか?

そもそも、住宅ローンの支払いが苦しくてご自宅の売却を検討されている場合、
・一日でも早くこの苦しい状況から解放されたい
・以前のような穏やかな生活を取り戻したい
・もう二度とお金の苦労はしたくない
ということが望み(本来の目的)であり、高値で売却することに意味はあるのでしょうか?

例えば、
【住宅ローンの残債はそんなにないから、高値で売却できれば完済できるかも】という場合であれば、高値で売却する意味はあります。

でも、
【住宅ローンの残債はかなり残っている。売却しても債務(借金)は残るだろう】という場合は?
もちろん、債務が少しでも減った方がいいから高値で売却するというのも一理ありますが、

それだけにこだわると、本来の目的を見失ってしまうことにも…

大手不動産会社に言われるまま、査定価格で半年~1年以上販売。
その間、ずっと無理して住宅ローンを払い続けていたり、生活費をキャッシングやクレジットカードなどで借りていたり…
長期間苦しい思いをし、さらに、売却を依頼した時よりも借金が増えているといった状況を望んでいたでしょうか?
任意売却専門ローン救済911のご相談者で、このようなケースの方、とても多いんです。

なぜ、愛着のある大切なご自宅なのに、売却を決めたのか?

それは、今、とても苦しいからではないでしょうか?

*精神的、経済的な負担を一日でも早くなくすこと
*今後の道筋を示し安心してもらうこと
*債務(借金)の上手な返し方を知り、新しい生活に希望を持ってもらうこと

住宅ローンの返済問題に取り組むというのは、こういうことではないかと思います。

査定価格はもちろん大切です。
ただ、それだけに目を向けて、深く考えず、任せてしまうのはとても危険なこと。

そして、売却できれば終わりではなく、そこから新しい生活が始まります。
そこからの方が、実はサポートが必要だと思いませんか?

目先の解決に精一杯で、先のことまで考えるのはなかなか難しいのですが、とても大切なことです。

愛知の任意売却専門ローン救済911は、あなたからのご相談をお待ちしております。