離婚により家を売っても住宅ローンが残るが、売却は可能か?

督促・取立て即ブロック 住宅ローンの借金を大幅減額

ブログ

2021.1.13サポート

離婚により家を売っても住宅ローンが残るが、売却は可能か?

住宅ローンが残っていたとしても売却は可能ですが、いくらぐらいで売却できるか(査定金額)という点がポイントになります。

仮に、査定金額よりも残っている住宅ローンの金額(残債)が低い場合は通常の不動産売却が可能です。

売却代金で全額返済をすればいいわけで、返済してもまだ売却代金が残る場合はそれを夫婦で財産分与すればいいのですから。

ただ、実際は残債よりも高く売却できることはほとんどありません。

その場合は、任意売却という選択肢があります。任意売却は債権者(金融機関等)に了解を得て行う売却で、

売却後に残債務が残る場合でも売却は可能であり様々なメリットがあります。

すでにローンを延滞している場合や、今後支払いが厳しくなる可能性がある場合は検討すべきでしょう。

ローンを延滞し続けると、いずれ差押え競売となります。

また、妻が連帯保証人の場合は、離婚したからといって連帯保証人から外れることはできない為、妻も金融機関から一括返済を迫られます。

住宅ローンの名義人は誰か?連帯保証人は?離婚に伴う不動産売却の場合、ケースごとに対処方法は異なります。

最悪の事態を避ける為にも、お早めにご相談ください。