競売手続き開始の4ヶ月後、入札期日の手紙が届いた意味とは?

督促・取立て即ブロック 住宅ローンの借金を大幅減額

ブログ

2021.1.29競売

競売手続き開始の4ヶ月後、入札期日の手紙が届いた意味とは?

競売の開始決定から4~6ヶ月後、あなたの不動産を取得希望者(オークション)で募ります。

取得希望者は、入札期間内(1週間)に取得条件(価格等)を提示します。

そして、

入札期間から1週間後に開札があり、最も高い金額を提示した方が落札者となります。この2週間を競売期間入札と言います。

競売入札検討者は、インターネットや裁判所の公開情報で入札をするか否か判断します。

また、そのタイミングで、

競売の入札代行業者による近隣へのチラシ配布や新聞への折込等で、近隣や場合によっては職場等にも競売の事実を知られる可能性があります。

早期に任意売却を進め競売の取り下げができれば、周囲に競売の事実を知られることはありません。

競売を回避するためにもお早めに、任意売却専門ローン救済911にご相談ください。