無職、収入減でも住宅ローンの返済猶予、この選択は正しいのか?

督促・取立て即ブロック 住宅ローンの借金を大幅減額

ブログ

2021.5.4任意売却

無職、収入減でも住宅ローンの返済猶予、この選択は正しいのか?

無職で収入が途絶えたり、大幅な収入減で住宅ローンが払えなくなった場合でも、
今は、コロナの影響で、金融機関へ返済を猶予してもらう(返済方法を見直してもらう)相談がしやすい状況です。

でも、仕事が決まらなかったり、決まっても収入が少ない場合は、返済を猶予してもらったところで苦しい状況は変わりません。

収入がなく苦しいから、クレジットカード会社や消費者金融などを利用し借金が増えてしまった、税金や保険料が払えない…
など、住宅ローン以外にも借金が増えていくと精神的に追い込まれます。

返済するために別のところで借りる→借りたところに返済するためにまた別のところで借りる…
悪循環とわかっていても、だんだん正常な判断ができなくなります。

・毎月返済日が近付くと眠れなくなる
・電話の着信音にびくびくする
・クレジットカード会社や消費者金融からの手紙を見たくない

など、当てはまるようでしたら、今すぐローン救済911にご相談ください。

これ以上もう借金を増やさない、穏やかな生活を取り戻すことを最優先に、
あなたにとってのベストな解決策をご提示いたします。

まずは、あなた自身があなたの置かれている状況を知ることが大切です。

返済猶予で本当に救われるのか?
問題を先送りにしているだけではないのか?

住宅ローンの返済問題を解決する手段として「任意売却(にんいばいきゃく)」があります。
返済が苦しいのであれば、返済猶予と同時に、任意売却も選択肢としてご検討ください。

お金の悩みは本当につらく、苦しいものです。
選択肢を間違えて同じ苦しみを繰り返さないために。

 

ご相談は何度でも無料です。
愛知の任意売却専門ローン救済911は、あなたからのご連絡をお待ちしております。