離婚で家を売却しても住宅ローンが残る…それでも売却する意味

督促・取立て即ブロック 住宅ローンの借金を大幅減額

ブログ

2021.5.19離婚問題

離婚で家を売却しても住宅ローンが残る…それでも売却する意味

離婚で家を売却しても…

離婚して、家と住宅ローンが残る場合、あなたならどうしたいですか?

どちらかが家に住み続けたいのであれば、住宅ローンを誰がどのように払っていくか決めて解決です。

でも、どちらも家に残りたいと思わなければ…
家を売却して住宅ローンを完済、新しい人生を再スタートできれば理想的ではないでしょうか?

ところが、そんなにうまくいかないのが現実です。

実は、家を売却しても住宅ローンが残ってしまうケースが大半です。
家の資産価値は経過年数とともに下がっていくのですが、同じように住宅ローンも減っていくのかと言うと…
利息がある分、住宅ローンの残額は思っている以上に減っていません。

売却できる金額 < 住宅ローン残額 というのが現実です。

仕方なく、離婚後も住宅ローンを払い続けるという選択をされるご夫婦は意外と多いのです。

あなたが本当に望むことは?

住宅ローンの返済は何十年も続きます。
一人で何千万もの借金を抱えて生きていくのは、精神的、経済的にとても大きな負担です。

なんのために家に住み続けるのか?
「子どもが遊びに来れるように」、「子どもに資産を残してやりたい」など目標があったとしても、
そういう思いを何十年も持ち続けるのは並大抵のことではないと思います。

「家を売却して住宅ローンから解放されたい」という思いが本音ではないでしょうか?
思い切って決断できないのは、売却後に住宅ローンが残ってしまうという不安があるからではないでしょうか?

離婚により、家と住宅ローンが残る場合の解決策として、【任意売却】という方法があります。
でも、家の売却だけでは借金問題は解決しません。

ローン救済911は、借金問題を専門に扱う弁護士と協業して【任意売却】を行っています。
それは、売却後に残る住宅ローンが、あなたの人生の足かせにならないよう債務整理までお手伝いするため。
債務整理の方法は自己破産だけではありません。
残る住宅ローンを大幅に減額する方法もあります。
仮に、売却後1000万円の住宅ローンが残っても、100万円くらいに減額できれば?
少しだけ希望がもてませんか?

離婚でつらい思いをして、さらに、住宅ローン(借金)という重い荷物を背負いながら生きていくことを
あなたは本当に望んでいますか?
他の選択肢も考えてみませんか?

愛知の任意売却専門ローン救済911は、あなたからのご相談をお待ちしております。