慌てて逃げないで下さい‥住宅ローン滞納で即、立ち退きではない

督促・取立て即ブロック 住宅ローンの借金を大幅減額

ブログ

2021.10.3住宅ローン

慌てて逃げないで下さい‥住宅ローン滞納で即、立ち退きではない

住宅ローンを滞納すると、数ヶ月かけて金融機関から、督促や催告の手紙が届くようになります。

手紙には見慣れない言葉が並び、意味がよくわからず漠然と不安と恐怖が広がります。

でも、なんとなく、いずれ家を手放すこと(=競売)になるのかなと感じる方が大半ではないでしょうか。

家が競売になると、

ご近所に知られてしまうかもしれない…
ご近所の目が気になる。

子どもの同級生に知られたくない。
また、クレジットカード会社や消費者金融などからも借入があり、家まで取立てに来られると…精神的につらい。煩わしい。

ご近所に何も言わず、慌てて引越しをされるご家族はとても多いです。

債権者に住所が突き止められたら…と、引越し後も住民票は異動せずにそのまま。
時々、人目のつかない夜間にご自宅に戻り、必要な物を持っていったり、郵便物を確認したり。

家を出たからといって、この住宅ローン滞納問題が解決するわけでないのは十分承知のうえ。
不安が消えるわけでもなく、常に心は落ち着かない状態ではないでしょうか。

愛知の任意売却専門ローン救済911からお伝えしたいメッセージは、
「慌てて家から逃げ出さなくても大丈夫ですよ。」ということ。


住宅ローンの滞納問題、他、お金の問題には、解決方法が必ずあります。
債権者は「すぐ家を競売にかけない」ですし、「ご近所に事情を知られずに」解決できる方法だってあります。
煩わしい債権者からの取立てを止めることも可能です。
実は、放置する(逃げ出す)ことで、より状況を悪くしてしまうのです。

あなたの置かれている状況にもよりますが、半年~1年以上住み続けられるケースは多々あります。
もちろん、ご近所に住宅ローンの事情を知られないまま。
時間があれば、ご家族のこれからのことを冷静に考え、最善の行動ができるのではないでしょうか。

任意売却専門ローン救済911に、勇気を出し、一歩踏み出し、つらいお気持ちを全部、吐き出してお話し頂けませんか?
きっと前向きな気持ちになれるご提案ができると思います。

繰り返しますが、家が競売にかけられると思っても「慌てて家から逃げ出さなくても大丈夫です」
住宅ローンの滞納問題で家を出るタイミングは、

今ではない可能性があるということ、

まずは私たちにあなたの現状を確認し、新たな解決法に挑戦してみませんか?

愛知の任意売却専門ローン救済911は、あなたからの勇気ある不動産のご相談をお待ちしております。