任意売却で売りに出したが、買い手がつかない時はどうなるのか?

督促・取立て即ブロック 住宅ローンの借金を大幅減額

ブログ

2023.3.10任意売却

任意売却で売りに出したが、買い手がつかない時はどうなるのか?

家を任意売却で売りに出した場合でも、買い手がつかない場合はいくつかの対応策があります。

価格を見直す

まずは、物件の価格を見直すことが考えられます。市場価格よりも高い価格で売りに出している場合、買い手がつかないことがあります。価格を下げることで、買い手がつく可能性が高まります。

広告を見直す

広告に掲載している写真や文章が買い手に魅力的に映っていない場合もあります。広告を見直して、買い手に魅力的な物件をアピールすることが大切です。

不動産業者を変更する

任意売却を専門とする不動産業者に依頼することで、より多くの買い手を集めることができます。不動産業者を変更することで、買い手がつく可能性が高まります。

時間を置いて再度販売する 市場の状況や季節などによって、買い手の数に大きな変化が生じることがあります。買い手がつかなかった場合でも、時間を置いて再度販売することで、買い手がつく可能性が高まります。

任意売却の取り消し

任意売却を取り消すこともできます。ただし、売却契約書に記載された期限内に買い手が見つからなかった場合でも、契約違反となり、違約金を支払うことになる場合があります。

任意売却で家を売りに出した場合でも、買い手がつかない場合は焦らず対応することが大切です。適切な対応を行うことで、買い手がつく可能性を高めることができます。