無職で預金底尽きローン払えず家競売も、生活保護受け再スタート

督促・取立て即ブロック 住宅ローンの借金を大幅減額

事例紹介

家を手放すも競売停止で借金ゼロに

無職で預金底尽きローン払えず家競売も、生活保護受け再スタート

愛知県名古屋市 A様

ご相談者プロフィール

家族構成:ご夫婦、お子さん一人、奥様のご両親
緑豊かな自然環境の中で子育てをしたいというご夫婦の希望から、愛知県名古屋市東部の高台に土地を購入し
二世帯住宅を建てました。自動車の営業マンだったご主人様、営業成績はよく高収入でした。
7年後、ご主人様の転職と義理のご両親との不仲が原因で奥様とは離婚、ご自宅にはご主人様のみ残りました。

相談時の状況

転職後、新しい職場の環境になじめず、人間関係もうまくいかず退職。
お子さんに会えなくなった寂しさも重なって、心身症を患っておられました。
貯金を切り崩しながらの生活は長く続かず、住宅ローンの支払いがストップしてから数ヶ月後、
金融機関より競売の申立てを受けました。
銀行口座は差し押さえられ、携帯電派も使えず無職となり、車は処分し、知人にお金を借りるなどしながらギリギリの生活をされていました。

ローン救済911が行った対策・手続き

まずは、A様の生活がかなり困窮していたことから、専任の弁護士により「生活保護」の申請手続きを
行いました。弁護士は役所との面談にも同席し、A様をサポートしました。

同時に、任意売却による解決をご提案。
弊社提携の投資法人にA様の家の購入を依頼。競売を停止しました。

「生活保護」が認定され、①新しい住まいの入居費用、②引越し費用、③生活費が支給されました。
任意売却後に残った住宅ローンは、A様の状況を考慮して専任の弁護士が整理手続きを行いました。

ローン救済911が実現したこと

  • 競売の停止
  • 生活保護の申請~認定、生活の立て直し
  • 借金ゼロに

その後、心身症でも雇用してくれる会社があると話してくださり、前向きに新たな生活をスタート されました。