クレカ7社で800万ギリギリの生活で破綻も、会社廃業も家残す

督促・取立て即ブロック 住宅ローンの借金を大幅減額

事例紹介

近所に知られずに売却後も住み続ける

クレカ7社で800万ギリギリの生活で破綻も、会社廃業も家残す

愛知県名古屋市 S様

ご相談者プロフィール

家族構成:ご夫婦、長男、長女
長女が産まれたのを気に、愛知県名古屋市で4,180万円で店舗兼住宅を建築されました。
一階の店舗で水道事業を営み、経営も順調でしたが22年後、ご主人が脳腫瘍で倒れ‥

相談時の状況

幸い命は無事でしたが、左半身に麻痺が残り事業継続は困難になりました。
預貯金を切り崩しながら、毎月の医療費や生活費はとても苦しく、とうとう住宅ローンが払えなくなり‥

ローン救済911が行った対策・手続き

ご相談時の状況は、未払いの住宅ローンは一ヶ月、クレジットカードやビジネスローンなど、7社で800万の借金です。
金融機関へ「期限の利益の放棄」を申し出、任意売却による解決案と同時に、協業する弁護士がカード会社の督促をすべてブロック。
家族の最優先事項は、環境を変えることなく「家に住み続ける事」であり、
約一年の期間をかけ、様々な諸条件をクリアーにし、ご長男の協力を得て家を残すことができました。

残る債務は、協業する弁護士が整理手続きを行いゼロに致しました。

ローン救済911が実現したこと

  • 近所に知られず家に住み続ける
  • 借金はゼロに
  • 煩わしいカード会社の督促・手紙・電話をすべてをブロック

その後、長女の協力もあり、これまでと変わることない生活を送られております。