事業資金ローン返済リスケ中‥突然【競売】の申立も家残す

督促・取立て即ブロック 住宅ローンの借金を大幅減額

事例紹介

その他の事例

事業資金ローン返済リスケ中‥突然【競売】の申立も家残す

愛知県名古屋市 O様

ご相談者プロフィール

家族構成:ご夫婦、娘さん 息子さん
多数の従業員を抱える大繁盛店から一転、動物の命を考え完全菜食主義者に転身して8年経過しました。
農薬不使用の自然栽培の食材にこだわり、ついには他県で土地を買い、自ら米作りを始める農家になるも‥

相談時の状況

ヴィーガンに転身し5年後には、これまでの儲けがすべて無くなりました。
繁盛店の際、店舗改装拡大の為に名古屋市保証協会から借りた設備資金の返済が、重くのしかかり今の生活を圧迫します。
毎月少額ながらも保証協会へリスケ中に、担当者が変わったことで対応がガラリと変わり、突然競売の申し立てが‥

ローン救済911が行った対策・手続き

突然の競売開始決定通知に驚き、ローン救済911にご相談を頂きました。

O様の最優先事項は店は潰してもいいから、家に住み続けたいとの事です。
協業する弁護士と様々な問題を解決し、ご長男さんの協力を得て家を残すことが出来、
残る債務は、協働する弁護士が廃業と債務の整理手続きを行いゼロにしました。

ローン救済911が実現したこと

  • 近所に知られず家に住み続ける
  • 競売の停止
  • 借金ゼロに

その後、新しいビジネスマップを描き、新生活をスタートされております。