認知症の母介護でストレスと仕事の激務でうつ病発症し多重債務へ

督促・取立て即ブロック 住宅ローンの借金を大幅減額

事例紹介

その他の事例

認知症の母介護でストレスと仕事の激務でうつ病発症し多重債務へ

愛知県名古屋市 M様

ご相談者プロフィール

家族構成:ご夫婦、お母さん、娘さん 息子さん
上のお子さんが産まれたことがきっかけで、愛知県名古屋市で4,880万円の新築住宅を購入されました。
大手自動車メーカーに勤め、毎月の支払いは問題ありませんでしたが、
13年後、同居する母が認知症になり生活が一変しました。介護で妻は退職し‥

相談時の状況

認知症の母は夜中に起きては町を徘徊し何度も警察沙汰に。一日も目が離せないストレスと仕事の激務から
ご主人も体調を崩し、うつ病で一年間の休職になり、とうとう支払いが出来ず‥
ご相談時、実は二度目の競売申立でした。
一度目はご自身で退職金を支払い解決しましたが、期限の利益が喪失したことで分割して支払う権利を失い、二番抵当権者からまた競売の申し立てが‥

ローン救済911が行った対策・手続き

同居する母の為にも「家を残したい」との希望で、身内や協力者に救いを求めるも諸事情からローン審査が通らず。
競売入札の期日も迫っていたため、任意売却による解決法を提示し、提携の投資法人に購入頂き競売を取り下げました。

残る債務は、協業する弁護士が整理手続きを行いました。

ローン救済911が実現したこと

  • 競売の停止
  • 借金はゼロに
  • 引っ越し費用の捻出

その後、ご主人のうつ病も回復し穏やかで平穏な暮らしをされております。