返済耐えられず期限の利益を喪失し家売却‥タダで住み続けた理由

督促・取立て即ブロック 住宅ローンの借金を大幅減額

事例紹介

その他の事例

返済耐えられず期限の利益を喪失し家売却‥タダで住み続けた理由

愛知県名古屋市F様

ご相談者プロフィール

家族構成:ご夫婦 娘さん 息子さん
バブル崩壊後の平成12年に、愛知県名古屋市で2,980万のマンションを購入しました。
大手電機メーカーに務め右肩上がりに給料収入も増え、退職金で完済する予定でしたが、
事業規模縮小により早期退職し、転職で収入が半分になり‥

相談時の状況

住宅ローンは1,400万残っております。
月/12万円の返済に対し、ご夫婦の手取りは月/17万円です。二人の子はそれぞれ家庭を持ち助けを求めることは出来ません。
預金を切り崩しながらの生活はとても苦しくもう払えないし、
売りたくて査定するも1,000万と言われ、不足分を用意することが出来ず‥

ローン救済911が行った対策・手続き

ご長男さんから相談時、滞納はありませんでした。
ご夫婦の最優先事項は、辛い返済から一日も早く解放されたいとのから、任意売却による解決案を提示。
金融機関には、毎月分割して支払う権利を失う「期限の利益の放棄」を申請し、支払いをストップ。
任意売却中は賃料無償ですので、これまでの支払いをすべて預金に回して頂き‥12か月後、無事購入者が見つかりました。

残る債務は、協働する弁護士が整理手続きを取り、債務をゼロにいたしました。

ローン救済911が実現したこと

  • 競売を回避
  • 借金はゼロに
  • 引っ越し費用の捻出

その後、月/4.5万円のアパートで、夫婦で平穏で穏やかな暮らしをしております。