年収9倍の家を購入‥転職収入減、うつ病発症で住宅ローンを滞納

督促・取立て即ブロック 住宅ローンの借金を大幅減額

事例紹介

家を手放すも競売停止で借金ゼロに

年収9倍の家を購入‥転職収入減、うつ病発症で住宅ローンを滞納

愛知県岡崎市K様

ご相談者プロフィール

家族構成:ご夫婦・娘さん
奥様の憧れる住宅メーカーで家を建てるため、2年前、ご主人様は前職より給料のいい会社へ転職。
土地と建物で4200万円、ご主人様の年収約9倍の金額でしたが、驚くことに住宅ローンの審査は通りました。
自動車関連の工場勤務で、夜勤手当や残業手当が見込め、奥様のパート収入もあり、返済は問題ないと思っていたのですが…

相談時の状況

家を建てて1年後、ご主人様の勤務する会社が吸収され、合併後には工場は閉鎖されることに。
ご主人様は関東の工場への異動が命じられ、悩んだ挙句、地元で働くことを選択、転職を決めました。

退職から5ヶ月後にようやく新しい仕事は決まりましたが、前職よりも給料は下がりました。
さらに、新しい職場になじめず仕事を休みがちになり…ご主人様はうつ病と診断されました。

ローン救済911が行った対策・手続き

奥様のパート収入だけでは生活するのに精一杯で、住宅ローンの支払いまでは無理でした。

ご相談をいただいた時点で、すでに住宅ローンを滞納して3ヶ月経過、このまま滞納が続けば債権者より競売の申立てを受けることになる旨ご説明し、任意売却による解決をご提案。
ご主人様にできるだけ精神的な負担がかからないよう、販売活動は内々で行い、ご近所には知られずに弊社提携法人が購入を決めました。
同時に、ご主人様のご実家への引越しも決まりました。

任意売却後に残った住宅ローンは、今の生活状況では返済していくことは難しいと判断、専任の弁護士が整理手続きを行いました。

ローン救済911が実現したこと

  • 競売の回避
  • ご近所に知られずに売却
  • 借金をゼロに

その後、ご主人様のご実家で新生活をスタート。ご両親様に支えられながら穏やかな毎日を過ごされています。