住宅ローン滞納2ヶ月で「催告書」‥早期返済相談が家族を救う

督促・取立て即ブロック 住宅ローンの借金を大幅減額

事例紹介

離婚による住宅ローントラブルの解決

住宅ローン滞納2ヶ月で「催告書」‥早期返済相談が家族を救う

愛知県安城市H様

ご相談者プロフィール

家族構成:ご夫婦、長女、長男
6年ほど前に愛知県安城市で3500万円の新築一戸建を購入。
ご主人の収入と奥様のパート収入を合算し、夫婦共有名義で住宅ローンを組みました。
庭でガーデニングや、休日にはバーベキューをするなど、家族仲良く生活されていましたが…

相談時の状況

長女が小学4年生から不登校になりました。
ご夫婦共働きでしたが、長女一人を自宅に残すのは心配で、勤務時間や勤務日数を見直すことになり奥様の収入は減りました。
ちょうどその頃、ご主人の勤務先で働き方改革が進められ、残業が大幅に減ったことでご主人の収入も減り…

消費税増税も影響し、家計を切り詰めて、生活費や住宅ローン、保険料などを捻出。
我慢の生活でストレスが溜まり、ご夫婦で言い争うことが増えていき…

H様の場合、何か大きなきっかけがあったわけではないのですが、小さな出来事が重なっていき、住宅ローンが払えなくなりました。
ご相談時、住宅ローンを滞納して2ヶ月、銀行から「催告書」が届いているという状況でした。

ローン救済911が行った対策・手続き

このまま滞納が続けば、債権者より競売の申立てを受けます。
ご夫婦は離婚を視野に入れており、それぞれの新しい住まいも決まっていましたので、任意売却による解決をご提案。
急いで債権者と話し、任意売却の了承を得、競売を回避しました。

心身ともに疲れていた奥様に寄り添い、不安があればお話しを聞き、
また、引越しの手配や必要書類の取得など、ローン救済911の女性スタッフが最後までサポートを行いました。
3ヶ月後、H様ご自宅の購入者が決まり、奥様と長女はご実家へ、ご主人と長男は社宅へと引越しをされました。

残った住宅ローンは、新しい生活に負担がかからないようにと、専任の弁護士が整理手続きを行いました。

ローン救済911が実現したこと

  • 競売の回避
  • 借金をゼロに

その後、ご夫婦は離婚されそれぞれの場所で新しい生活をスタート。お子さんのため、月に1度は4人で食事をされているそうです。