よくあるご質問 | 払えない住宅ローンを大幅減額|愛知の任意売却ローン救済911

督促・取立て即ブロック 住宅ローンの借金を大幅減額

よくあるご質問

通常の不動産の売却と任意売却の大きな違いは何ですか?

〇通常の売却:
住宅ローン残額1000万円<売却できる価格1500万円→売却により住宅ローンが完済できる。
〇任意売却:
住宅ローン残額2000万円>売却できる価格1000万円→売却しても住宅ローンが完済できない。
つまり、任意売却は、債務(借金)が残ること前提の売却方法。
住宅ローンの返済が困難、でも、多額の住宅ローンが残っている…
売却後に債務が残るとしても、今の苦しい状況を続けていくより、一旦リセットした方が早く生活は立て直せます。
任意売却専門ローン救済911は、借金問題解決に強い弁護士と協業して任意売却に取り組みます。
安心してご相談ください。

市県民税や固定資産税の滞納で差押えがありますが、任意売却は可能ですか?

はい、可能です。

 

税金滞納による差押は、任意売却で不動産を売却した代金の中から、「配当金」が一部控除費用として認められます。
国民の義務として「全額納付が原則」ですが、過去1,000万を超える滞納税金を30万円で解決した事例など多々あります。
愛知の任意売却専門ローン救済911へ諦めずご相談ください。

離婚で家と住宅ローンが残る場合、どうしたらいいですか?

どちらかは家に住み続けるのか?それとも、離婚を機に家を売却したいのか?
ご主人ひとりの名義なのか?夫婦共有名義なのか?連帯保証人は?住宅ローンの残額は?
離婚に伴う家と住宅ローン問題は、様々な事情がからみます。
将来のトラブルを回避するためにも専門家に任せることが良策です。
ローン救済911は、お2人の間に入って、離婚・不動産・借金問題それぞれの分野の専門家が協業して解決を目指します。
まずは、どのような選択肢があるのか知るためにもご相談ください。

収入減少で住宅ローンが払えないのですが、今後どうなりますか?

住宅ローンが払えなくなると、金融機関より、一定期間を経て競売の申立てがされます。
競売は、裁判所主導で進められ、およそ3ヶ月半~4ヶ月でご自宅を強制売却されます。
そして、競売後には債務(借金)が残る可能性が高く、ご自宅を失ったあとも返済は続きます。

不動産(売却)問題が解決すれば終わりではなく、本質は借金問題ということを知った上で、相談先を決めることが重要です。
ローン救済911が、借金問題解決に強い弁護士との無料面談からスタートしているのはそういった背景があるからです。

競売の回避、競売の取下げができる期間は限られています。

愛知の任意売却専門ローン救済911へ、今すぐご相談ください。

住宅ローンの返済が苦しいのですが、リスケ(返済条件の見直し)とは?

リスケジュール(リスケ・返済条件の見直し)とは、銀行に相談し、毎月の返済額を減らしてもらうことです。
長期的な対策ではなく、あくまで短期的(一時的)な猶予策と捉えてください。

今は収入が減ったけど、数ヶ月後~1年後には収入が上がるといった見込みがある方には非常に適した方法ですが、
今後の見通しが立たない方にはリスクの高い方法です。
返済額が減ればその時点での生活は楽になりますが、リスケをするということは、返済期間が延び、総支払い額が増える
=前よりも借金が増えるということです。

ローン救済911は、ご相談者にとっては厳しい選択肢だとしても、お金の苦労を繰り返さないような解決策をご提示いたします。

住宅ローン滞納が続き競売開始決定の手紙が届きましたが、周囲に知られますか?

いいえ、すぐに知られることはありません。

 

ただし、入札期日が近付きますと、競売の専用サイト(インターネット)、新聞などにご自宅の情報が公開されます。
その情報をもとに、競売業者、ブローカーなどがチラシを入れますので、ご近所や職場の方に事情を知られる可能性があります。
競売はスケジュールに沿って進められます。早い段階から行動することで、周囲に知られず競売を取下げることも可能です。
今すぐ愛知の任意売却専門ローン救済911にご相談ください。

住宅ローン滞納で競売より任意売却が良い理由は何ですか?

競売では、多くの場合、実勢価格の50~70%程度で落札され、家を失った上に多くの借金が残ります。
任意売却では、実勢価格に近い価格で売れる可能性が高いので、借金の額を減らすことができますし、
愛知の任意売却専門ローン救済911では、弁護士との協働により、この借金を大幅に圧縮できるご提案を行います。
また、競売ではご近所に事情を知られる可能性もあり、ご家族の精神的苦痛が大きくなりますが、任意売却ではそうした心配はありません。

住宅ローンを滞納し銀行から督促がきましたがどうすればいいのでしょうか?

金融機関が指定した支払い条件を満たさない限り、近々、競売の手続きが始まります。
1つ上の回答でもお伝えしている通り、任意売却で、お客様にとってより有利な方法で住宅ローン問題を解決しなければなりません。
今すぐローン救済911にご相談ください。
お客様の状況に応じた最善の策をご提案いたします。

マンションの積立金や管理費を滞納し続けるとどうなりますか?

マンションの管理費滞納は、管理会社、管理組合の考え方にもよりますが、裁判所に強制競売の申立てをされる場合があります。
マンションを売却して、滞納分を回収するという強硬な手段を取るということです。
住宅ローンは返済していても、税金や管理費は滞納しがちという方は意外とみえます。
まさかマンションの管理費滞納で…と思われるかもしれませんが、早期に、適切に対処することが重要です。
最悪な事態を回避するためにも、愛知の任意売却専門ローン救済911へ今すぐご相談ください。

自らの意思で行う任意売却は、引越し費用がもらえるというのは本当ですか?

任意売却の売却代金の中から、債権者が、引越し費用を配当として認めれば、引越し費用を受け取ることはできますが、
他の債務(税金・管理費などの滞納、ビジネスローンなどの仮差押えなど)の状況によっては受け取れない場合もあります。
引越し費用は必ずもらえるというような広告を見かけますが、誤解されませんようお気をつけください。
できれば、任意売却で返済を停止している間に、引越し費用を貯めておかれることをお勧めします。
ただ、経済的にかなり困窮されている場合、愛知の任意売却専門ローン救済911は別の形でのサポートも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

住宅ローン滞納で期限の利益喪失通知の手紙が届きましたが、どういう意味ですか?

期限の利益とは、住宅ローンの返済期日までは、住宅ローンを返済しなくてもいいという約束です。
例えば、毎月25日に9万円の住宅ローンを返済していた場合、25日よりも前に9万円を返済しなくてもよいという当たり前のこと。
でも、返済期日を過ぎても返済しなかった場合…滞納が一定期間続くと、期限の利益を喪失します。
そうなると、分割での返済ができなくなり、住宅ローンの残額を一括で弁済してと請求されます。
一括弁済なんて無理となれば、保証会社の代位弁済~競売の申立てへと手続きが進んでいきます。
この通知を放置してしまうと、あなたにとって不利な状況になります。
素早い行動は、金融機関のあなたへの印象も変え、あなたにとって有利な形で進めていけますので、ローン救済911へ今すぐご相談ください。

任意売却後に債務が残り、実家へ戻った場合、実家が差押えや競売になりませんか?

いいえ、ご実家が差押えや競売の対象にはなりません。

 

あなたの債務ですから、ご実家の所有者があなた以外であれば関係ありません。
愛知の任意売却専門ローン救済911では、任意売却後に残る債務整理手続きは協業する弁護士が行います。
安心して、ご実家で新しい生活をスタートしていただけるまで携わりますことをお約束いたします。

住宅ローン滞納で共有名義の夫(妻)が行方不明です。任意売却は可能ですか?

はい、場合によっては可能です。

 

任意売却をするには、ご夫婦それぞれの同意が必要です。
どちらかが行方不明の場合、協業する弁護士が裁判所に対し、「不在者財産管理人選任申立」を出し、夫(妻)を見つけ任意売却の同意を取り付けた事例がいくつかございます。

手続きには時間がかかります。お早めに愛知の任意売却専門ローン救済911へご相談ください。

 

離婚で家を出ます。夫婦共有名義の住宅ローンはどうなりますか?

離婚をして家を出るからといって、住宅ローンの支払いは免除されません。
また、夫婦共有名義をどちらか一人だけの名義にすることも難しいです。
家を売却することで住宅ローンを完済できればいいのですが、売却しても住宅ローンが残るケースが大半です。
愛知の任意売却専門ローン救済911は、残った住宅ローンが新しい人生の足かせになってはいけないと考えています。
ですから、売却後には専任の弁護士が残った借金をそれぞれ置かれている状況にあわせて理想的な形で整理します。
安心して再スタートをきっていただく一助となれば幸いです。

住宅ローンの滞納が続き競売が決まりました。何か悪い影響を受けませんか?

競売を申立てられた当事者、当事者の連帯保証人でない限り、ご家族が悪い影響を受けることはありません。

 

家族に迷惑がかかったら…と、不安に思われる方は多いのですが、競売はそこまで無慈悲なシステムではありません。
ただ、入札期日が近付きますと、競売ブローカーがチラシを近隣に配るため事情を知られてしまう可能性があります。
ご相談が早ければ、最悪な事態は回避できます。今すぐ愛知の任意売却専門ローン救済911へご連絡ください。

住宅ローン滞納後もリースバックをすれば、家に住み続けられますか?

リースバックの実現率は数パーセントと言われています。

 

リースバックとは、投資家や投資法人があなたの家を購入、あなたは家賃を払ってそのまま家に住み続けられるというシステム。
住宅ローン残額が少なければ実現できる可能性はありますが、そういったケースは非常に稀です。
赤の他人が見返りなく協力してくれるなんて、そんな都合の良い話はありません。
売却価格や賃料など条件が合わないというのがほとんどです。
安易にリースバックができるという業者には十分お気をつけください。

住宅ローンを滞納すると、勤務先の給与や口座が差押えされますか?

いいえ、住宅ローンを滞納しても、給与を差押えされることはありません。

 

ただし、税金を滞納し、役所からの督促・催促などを無視し続けたり、クレジットカード会社や消費者金融などからの
借入を滞納し続けている場合は、給与を差押えされることがあります。
職場に、あなたが借金を滞納しているという事実が知られます。
今後も支払いが困難である場合は、借金問題解決に強い弁護士と協働する、愛知の任意売却専門ローン救済911へご相談ください。

住宅ローンが返済困難です。コロナ禍でどのような方法で相談できますか?

家族には聞かせたくない、

子供がいるので外出は難しいなど、

ご相談をためらわれる方もいらっしゃると思います。

愛知の任意売却専門ローン救済911は、出張相談(ご自宅以外の場所でも可)や早朝・夜間の時間帯でのご相談も承っております。

また、ビデオ通話(LINE  ビデオ通話、Google  Duo、iPhone  Face  Time)、メールなどでもご相談可能です。

住宅ローンの返済問題は、一日でも早く相談することが早期解決につながります。

相談しずらいご事情をお知らせ頂けましたら対応方法を考えますので、遠慮なくお申し付けください。

 

 

無職で無収入ですが、不動産があるので国の生活保護は受けられませんか?

いいえ、受けられます。

 

もちろん、生活保護を受けられる要件はありますが、不動産を所有しているからといって、ダメということにはなりません。
愛知の任意売却ローン救済911では、協働する弁護士が生活保護の申請手続きもサポートしています。
生活に困っている状況では今後のことを前向きに考えるのは難しいですから、まずは、生活を立て直すことが重要と考えています。
おひとりおひとりの状況に寄り添った解決策をご提示いたします。

任意売却後の住宅ローン残債務は自己破産するしかないですか?

いいえ、自己破産は最後の選択肢です。

 

残債務の整理方法は一つだけではありません。
年齢や立場、家族構成、仕事、生活状況などは皆さま異なりますから、最善と思われる債務整理の方法も皆さま異なります。
愛知の任意売却ローン救済911では、借金問題解決に強い専任の弁護士が、残債務の大幅減額という方法も選択肢の一つとして、あなたにとってベストな方法をご提示します。

滞納7ヶ月で競売が決まってしまったのですが任意売却は可能ですか?

はい、可能です。

 

競売開始決定通知書が届いてからでも任意売却はできますが、期間入札までに任意売却を行わなければなりません。
裁判所はスケジュール通りに手続きを進めていきますので、余り時間はありません。
愛知の任意売却専門ローン救済911は、状況に応じて迅速に売却できるよう的確なアドバイスを行います。

フラット35で住宅ローン融資を受けた家の任意売却について教えてください

民間の金融機関で融資を受けている場合と比べ、スケジュールに余裕があります。
約1年間、住宅ローンの返済はしないで住み続け、その間に新生活のために貯金をするなんてことも場合によっては可能です。
住宅ローンは滞納前なのか?すでに滞納が始まっているのか?何ヶ月滞納しているのか?など、お客様の状況に応じてスケジュールは変わってまいります。
お客様にとってより有利な方法で任意売却を進めるためにも、愛知の任意売却専門ローン救済911へ今すぐご相談ください。

相談から家の任意売却、借金の整理まで費用が0円というのは本当ですか?

本当です。

 

ご相談から任意売却手続き、弁護士報酬など必要な費用のすべてを債権者との交渉で捻出します。
※住民票、印鑑証明など書類の取得費用は必要です。
※債務整理の内容により、費用を一部ご負担頂く場合があります。
住宅ローン滞納問題や差し押さえ競売のご相談は、愛知の任意売却専門ローン救済911へご相談ください。

家のローン滞納で自己破産のタイミングは、任意売却の前と後では違いますか?

全く違います。

 

不動産を所有した状態で法律家に依頼しますと「管財事件」として扱われ、50~80万ほど費用がかかります。
破産手続きを行うベストなタイミングは、任意売却した後です。
保有財産が20万以下であれば「破産管財人」が付くこともなく、費用も5万円ほどで出来るケースが多いです。

住宅ローン滞納で任意売却をすると、ご近所に事情を知られますか?

いいえ、知られません。

 

通常の売買と同じように不動産サイト等(スーモ、アットホーム等)に掲載しますので、事情を知られることはまずありません。
ただし、債権者より不動産競売の申立てをされますと、ご近所に事情を知られる可能性があります
不動産競売の入札期日が近付きますと、裁判所の競売専門専用サイト(インターネット等)にあなたの家の情報がもれなく掲載されます。(地番、号室、写真等)
競売専門業者や悪質なブローカーにより新聞折込、チラシの配布等が行われ、ご近所に知られる可能性は高いです。
最悪な事態の競売を回避するため、愛知の任意売却専門ローン救済911へお早めにご相談ください。

 

任意売却専門ローン救済911は、通常の任意売却業者と何が違うのですか?

愛知の任意売却ローン救済911の役割は、任意売却を完了させることではありません。
私たちがめざすゴールは、『お客様が新しい人生をスタートできる道筋をつける』ことです。
家を売ることができても、大きな借金が残ったのではお金の心労がいつまでも続きます。
残った借金を可能な限り減額することで自己破産を回避します。

場合によっては、引っ越し費用も債権者から捻出してお客様の新しいスタートの一助にする。
任意売却専門スタッフと借金整理専門の弁護士が協働することで、これらを実現します。

住宅ローンを滞納し、任意売却後も家に住み続けることができるって本当ですか?

ほんとうです。

 

任意売却したあとも家に住み続ける方法は2つあります。
売却することで所有者ではなくなりますが、新しい所有者に家賃を払い続けることで住み続けることができます。
住み慣れた家ですから、できることなら住み続けられるにこしたことはありません。
お客様が置かれた状況を判断し、ベストな方法で実現します。

現在無職で収入が全くありません。それでも家の任意売却はできますか?

はい、できます。

 

任意売却に必要な費用は、債権者との交渉で捻出しますのでご安心ください。
また、収入がなくて生活に支障をきたしているようであれば、任意売却と並行して、生活保護申請の手続きもサポートします。
生活の立て直しができれば、これからの事も前向きに考えられるのではないでしょうか。
ひとりで何もかも抱え込まず、愛知の任意売却専門ローン救済911に今すぐご相談ください

住宅ローンの返済以外に借金ありますが、ローン救済911で対応してもらえますか?

はい、対応可能です。

 

銀行系カードローン(りそな銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行)やビジネスローン(ビジネクスト、エスワイシー、オリコ)、
消費者金融系(プロミス、アイフル、アコム、SMBCモビット、レイク)や個人からの借り入れ、
自動車ローンなど、支払いが困難な場合は、協業する弁護士が煩わしい債権者の督促・手紙・電話をブロックいたします。
そのうえで、今後の支払いについて冷静に考えていきましょう。
愛知の任意売却専門ローン救済911へご相談ください。

 


ローン滞納で保証会社から代位弁済通知が届きましたが、どういうことですか?

住宅ローンの滞納が続くと、あなたの代わりに、保証会社が金融機関へ住宅ローンの残額を弁済します。
これを代位弁済(だいいべんさい)と言います。
保証会社が弁済してくれたのだから、あなたの債務はなくなるのか?と言うと、そうではありません。
保証会社は一時的に立て替えただけ、今後は、保証会社から弁済した金額を請求されます。
それも一括弁済してと。これは、滞納が続くと、分割で返済できる権利がなくなるからです。(※期限の利益喪失)
一括弁済できなければ…競売の申立てを受けます。
競売を回避するには素早い行動が重要です。愛知の任意売却専門ローン救済911へ今すぐご相談ください。

借金の督促や取立てに苦しんでいます。本当に全てストップできますか?

はい、できます。

 

ご相談後、任意売却専門ローン救済911の専任の弁護士が法的手続きを行い、

住宅ローン及び他の借入先からの督促・催促をブロックします。(弁護士があなたの代理人となるということです)
精神的な負担が軽減することで、これからの事を冷静に考えられるようになるのではないでしょうか。

 

住宅ローン滞納でブラックリストですが、賃貸アパートは借りれますか?

いいえ、借りられる物件はあります。

 

確かに、住宅ローンを滞納すると個人信用情報にキズがつくため、賃貸会社の保証会社の入居審査が通らない物件もありますが、
すべての物件がそうとは限りません。
物件をご自身で探すことが不安であれば、愛知の任意売却専門ローン救済911がサポートいたしますのでお任せください。

家のローン払えず任意売却しますが、引越しの時期は調整可能ですか?

ご相談のタイミングによっては可能な場合があります。

 

お子さんの幼稚園や保育園、学校の関係で、年度末や長期休暇中の引越しを希望される方は多いです。
愛知の任意売却専門ローン救済911では、できる限りご希望に沿えるよう、債権者や購入希望者などと調整をおこないます。
競売の場合、引越し時期は考慮されませんので、そうなる前にご相談ください。

アパート投資物件の失敗で任意売却した方の話を詳しく教えて

投資物件の失敗により任意売却することになった方の事例は、様々なケースがありますが、一例を挙げて説明します。

例えば、Aさんという方が、数年前に不動産投資を始め、購入したマンションを賃貸用として運用していました。ところが、そのマンションが立地条件や建物の老朽化などの理由で空室率が高く、収益が期待できなくなってきました。さらに、修繕費用や管理費用などの支払いが続いていくうちに、Aさんは経費やローン返済に追われ、収益がマイナスに転じてしまいました。

そこで、Aさんはマンションを売却して手持ちの現金でローンを返済し、損失を限定するため、任意売却することを決断しました。

任意売却においては、Aさんは不動産会社に依頼し、マンションを売却することになります。不動産会社は、市場価格に応じて売却価格を設定し、売却交渉を行い、買い手が現れた場合は売買契約を締結します。契約成立後、Aさんは買い手から売却代金を受け取り、ローン返済や手数料などの諸費用を支払い、残りの金額を手元に残すことができます。

ただし、任意売却にはデメリットもあります。例えば、市場価格が低い場合は、売却代金が借入金よりも低くなってしまい、損失が生じる可能性があります。また、売却期間が長引く場合は、その間に支払いが続いていくため、負担が増えることもあります。

以上のように、投資物件の失敗によって任意売却することになった方の事例は、様々なケースがありますが、市場価格や売却期間などに注意しながら、不動産専門会社と協力して売却することが求められます。