夫と離婚、住宅ローン「連帯保証人の妻」はどうなるの?

督促・取立て即ブロック 住宅ローンの借金を大幅減額

借金救済情報

離婚問題

夫と離婚、住宅ローン「連帯保証人の妻」はどうなるの?

夫が住宅ローンを組む時、妻が連帯保証人となるケースがあります。

離婚が決まり、妻は家を出ることに…同時に「連帯保証人から外れたい」と思われるのはごく自然なことです。
でも、一度連帯保証人になると、外れることはできません。
金融機関が認めてくれないということです。

Q:そもそも、金融機関が連帯保証人をとる理由は?
A:住宅ローンを組むご主人に不安要素があるから。

万が一、ご主人が住宅ローンを払えなくなった場合でも、連帯保証人から回収できることを踏まえローンの審査を通します。
将来、離婚することになった場合は…なんてことを予め親切に教えてくれる金融機関はありません。

連帯保証人になるということがどれほどリスクのあることなのか、多くの方は、このような状況になってはじめて知ることになります。

・今後、ご主人は完済するまで住宅ローンを負担していくつもりなのか?
・離婚を機に自宅を売却したいと思っているのか?

あと住宅ローンがどれくらい残っているかにもよりますが、おそらく、自宅を売却したとしても、
住宅ローン(借金)が残る可能性は高いと思います。

連帯保証人である限り、離婚は関係なく、残った借金に対しても責任を負っていかなければなりません。
離婚後も元夫(元妻)との関係が続くことを望まれますか?

愛知の任意売却ローン救済911の強みは、借金問題に強い弁護士と協働して、連帯保証人問題の解決に取り組んでいるところです。

弁護士が入り、離婚時にちゃんと対応すれば、将来トラブルになることはありません。
双方が新しい人生を安心して歩んでいただけるようにサポートいたします。

 

あなたからのご相談をお待ちしております。