任意売却後の借金返済 #2:ローン債権回収会社移行でチャンス到来

督促・取立て即ブロック 住宅ローンの借金を大幅減額

借金救済情報

お金の仕組み

任意売却後の借金返済 #2:ローン債権回収会社移行でチャンス到来

〇この国の救済者「サービサー」現る!

例えば、
住宅購入のため金融機関から4,000万円の融資を受けます。
ところが、数年後に経済状況の変化で住宅ローン返済ができなくなると…

金融機関は自宅を差押え、裁判所へ競売の申立てをします。
自宅を強制売却して、換金し、返済に充てるため。

競売は市場価格よりも低い金額で売却されます。
競売をしても、3,000万円の住宅ローン残債務に対して1,000万円でしか売却できないという結末…

1件につき、マイナス2,000万円の回収不能なお金が、日本中の金融機関にたくさん存在、
回収できず銀行がバタバタと破綻しました。

これがバブル崩壊前の銀行の姿です。

この国は、回収不能なお金の迅速な処理と銀行救済のため、金融の仕組みを大きく作り変えました。

金融機関が回収不能なお金を「いとも簡単に損をせずに処分」できる仕組み。
サービサー「〇〇債権回収会社」が誕生しました。
いわゆる借金の取り立て屋と言えばイメージできるでしょうか?

金融機関は貸し倒れた「回収不能なお金」を〇〇債権回収会社に売却することで救済されます。

この国の経済を守るために作られた〇〇債権回収会社が、あなたをピンチから救い出す「救済者」になるかも!?

詳しくは次章へ続く