共有名義の住宅ローン‥離婚後は夫(妻)だけの名義に変更可能?

督促・取立て即ブロック 住宅ローンの借金を大幅減額

借金救済情報

離婚問題

共有名義の住宅ローン‥離婚後は夫(妻)だけの名義に変更可能?

離婚による住宅ローン返済問題でご相談が最も多い内容です。

夫婦の年収を合算して、夫婦共有名義で住宅ローンを組むことがあります。
お互いが連帯債務者、万が一、相手が住宅ローンの返済できなくなった場合は連帯して責任を負う(相手の分まで返済する)関係です。

離婚すると決め、自宅を出て行く。
自宅に残る夫(妻)だけの名義に変更したいと考えるのはごく自然なこと。

しかし、夫婦の合計年収で審査をしてお金を貸している金融機関からすると…
「夫(妻)だけの名義にして住宅ローンを返済していけるの?」と考えます。
名義をどちらか一方にするなんてことは、まず認めてくれないでしょう。

それなら、自宅を売却しようかと考えますが、自宅を売却しても住宅ローンが残るケースが大半です。
離婚して住宅ローンの借金まで残るのか…

残る借金は、離婚後も連帯で住宅ローンを返済していかなければなりません。
借金返済が終わらない限り、夫婦の関係は清算できないということ。

離婚時に住宅ローンが残っていて、夫婦で連帯債務という関係である場合、対応方法を誤るとお金の苦労はずっと続きます。

愛知の任意売却専門ローン救済911は、離婚時の不動産・借金問題は、弁護士と協働して対応していきます。
不動産を売却するだけでは借金問題は解決しませんから、残る借金をどのように整理すればお二人の負担が最小限ですむのか、
ベストな解決策をご提示いたします。

ローン救済911は、あなたからのご相談をお待ちしております。
晴れ晴れとした気持ちで再スタートして頂けるよう、きっとお力になれると思います。