ローン返済苦しく‥非現実的な提案を平気でする不動産会社とは?

督促・取立て即ブロック 住宅ローンの借金を大幅減額

借金救済情報

住宅ローン

ローン返済苦しく‥非現実的な提案を平気でする不動産会社とは?

住宅ローンの支払いが苦しくなり、家の売却について不動産会社へ相談すると、まずは家の査定をします。
住宅ローンは残り2500万円、でも、家の査定額は1500万円…1000万円も足りない。
売却できるのかな?

売却するために、
提案① 不足分の1000万円を用意する
→1000万円用意できるのであれば、そもそも家を売却しようなんて思いませんよね。

提案② 査定金額1500万円の自宅を2500万円で売却する

→不動産はたいてい相場価格で取引されるもの、誰が相場価格以上で購入するでしょうか?

どちらの提案も非現実的です。

ところが、非現実的な提案を平気でする不動産会社は存在します。それも大手不動産会社。

「大手不動産会社が言うのだから間違いない」と言うのは大きな間違いです。
大手不動産会社に売却依頼、結果、最終的には競売…年に3~4件このような状況になってからのご相談があります。

住宅ローン残りの金額>家を売却できる金額  
このようなケースの場合、通常の不動産売買では解決しません。

また、支払いが苦しくて売却依頼しているはずなのに、ずっと支払いを続けているケースもよく見られ、
相談する相手を間違えてしまうと損をするのはお客様だけ…

住宅ローンが2500万円残っていて、査定額1500万円でも家は売却できます。
支払いはすぐに止めることができます。

「任意売却(にんいばいきゃく)」という方法です。(※債権者の同意要)

任意売却後に債務(借金)が残るのは不安でしょう。
でも、苦しい支払いから一日でも早く解放されたいのではないでしょうか?

今決断しなければ、状況は悪くなるばかりです。
あなたにとって有利な解決方法はきっと見つかります。

【解決事例】
◎自己破産を回避したい…売却後、残った住宅ローンを1/10に減額
◎家に住み続けたい…売却後、家賃を払うことでそのまま家に住み続ける
◎生活がかなり困窮している…生活保護も視野に生活を立て直す

望まれる解決の形は皆さん違います。
何を望まれるのかお聞きしたうえで、解決策をいっしょに考えていきましょう。

現在、売却の依頼中であっても、あなたが本当に望む道筋を示してくれているのか、今一度考えてみてください。

ご相談は無料です。

愛知の任意売却専門ローン救済911は、あなたからの不動産のご相談をお待ちしております。