離婚後も住宅ローンを負担の元夫、返済不能後も家に住み続ける 

督促・取立て即ブロック 住宅ローンの借金を大幅減額

借金救済情報

離婚問題

離婚後も住宅ローンを負担の元夫、返済不能後も家に住み続ける 

離婚して夫が家を出て、妻と子どもが家に残るというケースはよくあります。
その場合、住宅ローンは夫が負担するという取り決めをすることがあるのですが、何十年も続くローン、支払いが止まってしまう場合も。

・夫にリストラや病気など住宅ローンを払えなくなるような不測の事態が起こったり、
・住んでもいない家のためにローンを払い続けるというモチベーションを夫が持ち続けることができなくなったり、
理由はさまざまです。

住宅ローンの支払いが止まり、一定期間が過ぎると、「競売」の申立てを受けます。
「競売」とは、本人の意思は関係なく、裁判所主導で家を強制処分(売却)されるということです。

でも、すぐに処分されるわけではありません。
3~4ヶ月の猶予期間があり、この猶予期間を使って家を守ることができます。
方法はひとつ、元夫から第三者が家を買い、第三者に家賃を払ってそのまま家に住み続けるという方法です。
もし、このまま「競売」になったとして、新たに住むところを探し家賃を払い続けなければならないのであれば、そのまま今の家に家賃を払いながら住み続ける方がずっといいと思いませんか?

この方法は、第三者が見つからなければ実現できないため、一日でも多くの時間が必要です。

元夫には頼れない今、成功のカギを握るのはあなたの素早い決断です。

あなたからのご相談をお待ちしております。