『競売手続き』前に売却相談、1年以上の猶予で広がる可能性とは

督促・取立て即ブロック 住宅ローンの借金を大幅減額

借金救済情報

その他

『競売手続き』前に売却相談、1年以上の猶予で広がる可能性とは

さまざまな事情で住宅ローンが払えなくなると、いずれ金融機関より『競売』の申立てを受けます。

『競売』とは…
・自分の意思はまったく考慮されず、裁判所主導で自宅の売却が行われる
・スケジュールが決まっており、約3ヶ月半~4ヶ月で自宅は売却される
・サポートは一切なく、ご自身で今後のことをすべて決めなければならない
・売却後、債務(借金)が残る可能性が高い

新しい住まいを見つけて、引越しをするには、時間もお金も必要です。
わずか3ヶ月半~4ヶ月でどれだけのことができるでしょうか?
わからないことばかり、ご自身で、全てのことを選択し決めるのは、心身ともに相当な負担です。

実は、『競売』前にご相談いただくことで、3ヶ月半~4ヶ月の限られた期間を1年以上の期間に延ばすことができるんです。
ご相談は、住宅ローンをまだ滞納前(でも返済がかなり苦しい)、

住宅ローンを何度か遅れながらも返済している、すでに1~2ヶ月住宅ローンを滞納している、といった『競売』前のタイミングがベストです。
1年以上の期間があれば気持ちにゆとりを持って行動でき、なにより、専門家に任せることでご自身の負担はずっと軽くなります。

【1年以上の猶予期間で広がる可能性】
・無償で住み続けられる期間が延び貯金ができる → 経済的な余裕ができ新生活を前向きに始められる
・家を守るという選択肢を検討できる → 今までと何も変わらない生活を続けられる
・残債務(借金)の整理方法をじっくり検討できる → お金の不安がなくなり穏やかな生活を送れる

誰しも起こりうる可能性のある住宅ローン問題、ひとりで悩んでも解決しないことがほとんどです。
時間は待ってはくれず、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月…とあっという間に過ぎていきます。

選択肢と可能性を広げられるのは、あなたの素早い決断です。

あなたからのご相談をお待ちしております。