3000万円の住宅ローンの残額が100万円になる「任意売却」

督促・取立て即ブロック 住宅ローンの借金を大幅減額

借金救済情報

任意売却

3000万円の住宅ローンの残額が100万円になる「任意売却」

なんらかの事情で住宅ローンが払えなくなると、多くの方は苦しまれます。
数千万円の住宅ローンを抱えて、これからどうなってしまうだろうと、不安で眠れない夜もあるかもしれません。

でも、ここで人生は終わりませんから、なんとかしなければとなるのですが、

3000万円の住宅ローンの残額が、最終的には100万円になる…
そんな方法があることをご存知ですか?

『任意売却』(にんいばいきゃく)という方法です。

一般的な不動産売買とは異なります。

例えば、住宅ローンの残額は3000万円なのに、売却できる予想価格(査定額)は2000万円の場合、一般的な不動産売買はできません。
なぜなら、売却しても1000万円足りないため、1000万円を用意する必要があり、現実的には無理だからです。

でも、任意売却であれば、売却して1000万円が残る場合でも、売買は成立します。
ただし、1000万円は借金として残るため、この1000万円をどうするかがとても重要なポイントです。

大切な家を失い、なお、1000万円の借金が残ってしまっては、救われません。

ローン救済911は、この1000万円を、最終的には1/10(100万円)にまで整理するといったご提案をします。

3000万円の住宅ローンの残額が、最終的に100万円になるのであれば…

今、苦しい状況でも、少しだけ前向きに考えてみようと思えませんか?

『任意売却』には、そういう可能性があります。

 

あなたからのご相談をお待ちしております。